バレエの起源

バレエの起源

バレエの起源 バレエの起源はヨーロッパの宮廷舞踏であるといわれています。
ルネッサンス期のイタリアでは、美術や音楽などさまざまな文化が発展しましたが、バレエの起源もこの辺りにあると考えられます。
その後、ヨーロッパ諸国で宮廷舞踏として発展しましたが、17世紀フランスのルイ14世は特に踊るのが好だったことで有名で自ら舞踏家として踊り、その発展に貢献したとされています。
パリ国立オペラ座の前身が設立されたのもこの時代です。
その後、オペラ座を中心に職業ダンサーによるダンスとして発展していきました。
フランス革命後にはロマン主義の流れをくむロマンティックバレエが誕生します。
このころ、つま先立ちで立つポワントの技法が登場し、ストーリー性のある舞踏として現代に近い形になっていきます。
その後一時オペラ座は衰退しますが、一方でロシアのマリインスキー劇場がチャイコフスキー作曲で「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「白鳥の湖」を上演し、いわゆるクラシックバレエが完成しました。

バレエを始める前の心得

バレエを始める前の心得 日本ではバレエをテーマにした漫画が多く、その影響があるのと、姿勢やプロポーションが良くなるメリットがあることから、女の子の習い事として人気があるようです。
今回は、バレエを始めるにあたりの心得について説明したいと思います。
まずは体の柔軟性を養うことです。
特に大人になってから始める場合は、筋肉や関節が固くなっていますので、常日頃からストレッチなどのエクササイズをし、身体を柔らかくしておくとよいです。
2つ目は、テクニックを覚えることより、基礎を丁寧にマスターして実演することを心がけることです。
プロになっても毎日基礎を欠かさず練習するダンサーがいるほど、例えば立ち姿勢などの基礎は大事です。
3つ目にバレエをする目的を持つことです。
幼少から始める場合であればコンクールに出ることやプロになることを目指してもいいかと思いますし、大人の場合でも健康維持や減量のためでもいいと思います。
それが続けるモチベーションになります。
これらの心得を大切に、是非ともバレエの素晴らしさに触れてみてはいかがでしょうか。