バレエの習い事は何歳ごろまでやる人が多い?

バレエの習い事は何歳ごろまでやる人が多い?

バレエの習い事は何歳ごろまでやる人が多い? バレエの習い事は12歳ごろまでやる人が一番多いのではないのでしょうか。
最近は中学受験をされる方も多く、そのための勉強や塾のカリキュラム上仕方がないのでしょう。
また中学になると、クラブ活動とバレエの両立が大変難しくなります。
運動部に入れば、バレエの練習には参加出来ない日が多くなります。
また中学からは、高校受験に向けて勉強も頑張らないといけなくなるため塾に通うことになり、お金も小学校の時よりもかかるようになります。
このように辞めなければいけない事情には、家の経済状態も関係しています。
次に辞める時期は高校受験を控えた頃になります。
この頃になると、自分のバレエへの将来が見えるようになります。
先が明るければ続けられますが、そのようなことを期待できなければどうしても勉強の方に気持ちが向き、高校受験をきっかけに辞めることになります。
何歳までやるということは、大まかにしか説明できませんが、何かしらの環境が変わるとき、特に、12歳の中学入学前後が多いのではないでしょうか。

バレエの習い事をやめるきっかけになりやすいこととは

バレエの習い事をやめるきっかけになりやすいこととは バレエの習い事をやめるきっかけは、色々な意味で楽しくなくなる事です。
受験をきっかけに辞める方も多いですが、根底には伸び悩みや人間関係、お教室の方針に従えなくなるなど様々な理由がある場合が多いです。
本当に好きでレッスンが楽しいのならどのような困難が待ち構えていようとも辞めるはずがありません。
バレエは日ごろのレッスンから非常に厳しいものです。
普段のレッスンでも発表会でも、上手な人が一番良い場所で踊り、その憧れの場所で踊ることができない人は実力の違いが分かっていても辛いものです。
自分もいつかはその場所でと努力をしますが、やはり難しいと悟ってしまう年齢に達した頃、受験などが絡み始め、辞めてしまう結果になります。
体の故障の場合は仕方がないですが、続けていれば、行き詰っていてもその山を越えれば、もしかしたら素晴らしいバレリーナになっていたかもしれないという人たちもいます。
辛いことも多いでしょうが、辞めないで出来るだけ続けて頂きたいです。